第三章〜近江町市場でテンションMAX

 金沢の旅もいよいよ最終日。チェックアウトを済ませると、タクシーで金沢駅へ。雪が降ったから電車で帰るというわけじゃないんですよ。ホテルの人に「飛行機はちゃんと飛びますか?」って聞いたら「この程度なら大丈夫ですよ。もしもの時は自衛隊が除雪してくれますし…」とのこと。そうか、ここには航空自衛隊の小松基地があるのね。でも、昨日は飛行機の発着がかなり遅れたみたい。理由を聞いたら、羽田空港の混乱が原因とか。やっぱり雪国とは対応力が違うのね。あっ、説明が回りくどくなりましたけど、駅に行くのは荷物を預けるためです。何しろお土産を買いすぎたもので…(^^ゞ

 新幹線開通を1年後に控えた金沢駅はアメリカの旅行サイトで「世界で最も美しい駅」の一つに選定されたそうです。全体がドーム構造になっていて、東口には巨大な「鼓門」があります。こんな大きくて立派な駅に来るのは初めてかも。よく見ると柱などに金色のアクセントが。そもそも金沢という地名は「昔、金沢市の郊外に住んでいた芋掘り藤五郎が山芋を洗っていたところ、砂金が出たため、金洗いの沢と呼ばれた」という伝説が元になっているそうです。「金洗いの沢」は、兼六園内の金沢神社の隣りにあって「金城霊沢」と呼ばれているとか(Wiki)。

 やっとのことで大きなコインロッカーを確保。身軽になった最終日の予定は、まず、最近お洒落な雑貨屋さんが増えて若者が注目している新竪町でグッズ探し。その後は近江町市場でランチ♪ ラストは金沢駅で最後のお土産探し♪ という充実のラインナップ。

知らなかったのはワタシだけ?

 まずはタクシーで新竪町へ。メインロードの百万石通りをしばらく南へ行くと、香林坊の交差点。そして金沢最大の繁華街・片町が見えてきます。ここから南東に逸れる形で続くのが竪町通りと新竪町通り。東京で言うと原宿と裏原宿みたいな感じかしら。そんなイメージを想像してタクシーを降りると、あれれ、結構レトロな商店街なのね。

 何だか凄く静か。まだ午前中だからこんな感じなのかな? それにしても、若者どころかお年寄りもいないわ。もしかして場所間違えた? でも、しばらく歩いているとガイドブックで見た憶えのあるお洒落な雑貨屋さんが…。やっぱりここで間違いない。ということは…。

 あら〜、きょうは新竪町商店街全体がお休みの日なのね。ショック! それでも一軒ぐらい空いてないかなと思って歩いてみても、ステキな八百屋さん以外は全部お休み。おめかしして3つ並んだ薬屋さんのサトちゃんに「何とかならないの?」と思わず“恨み節”。でも、こればかりはしょうがないか。もし、また来ることができたら絶対に水曜だけは避けよう。

 商店街の小さな公園には雪をかぶった真っ赤な椿(侘助)が。そういえば金沢にはいたるところに侘助が咲いていたなぁ。健気に咲く花になんだか励まされたような気分。雪になんか負けないで、きれいな花をもっと咲かせてね。

 そんなわけで急遽予定変更、早めに“金沢の台所”近江町市場に向かうことにしました。近江町という名前の由来は近江商人が始めた市場だからということで、290年もの歴史があるそうです。街の中心部にこんなに大きな市場があるんですね。同じように中心部にある京都の錦市場は細長くまっすぐに伸びていますが、こちらは三叉路を背にしたひし形の敷地内に、近江町いちば館という大型ビルの73店舗を含め、全部で133店舗がひしめいています。地元では愛情を込めて「おみちょ」って呼ばれてるそうですよ。あ〜、楽しみ!

この際、食べつくすゾ

 せっかくここまで読んでくださったのですから、皆さん、ここで引かないでくださいね。市場に入るなり、ワタクシ、人が変わってしまったのです。もう、コーフンしちゃって鼻血が出そう。だって、360度視界が美味しそうなもので埋め尽くされているんですもの。

 新鮮なカニやエビ、ノドグロはもちろん、いろんな海産物や加工品に加えて、色とりどりの金沢野菜。「五郎島金時」という金沢特産のサツマイモだけでも、大きさや形の違う、20種類ものヴァリエーションが…。なんでここに最初から来なかったんだろ。最初から来てれば、どこへも行かずに毎日通って食べつくしちゃうのに…って、ワタシってどんだけ食いしん坊なの?

 スナック感覚でその場ですぐに食べられる食材もたくさんあって、まずは生ウニ発見! 殻付きで1個500円ですよ。それが高いのか安いのか良くわからないけど、まずは食べるのが先。宝塚出身者としてはお行儀が悪いような気もするけど、溢れる食欲には勝てず、その場でいただいちゃいました。うわ〜! 甘い。凄く新鮮なのね。ウニ特有の臭みは全く無し。こんなに新鮮なウニが食べられるなんてここはどこ? 小樽? 江刺? それとも金沢? どこであろうと500円は絶対に安いわ。

 テンションが上り切ったまま、ちょっと早めのお昼ということで「もりもり寿し 近江町店」さんへ。実はワタクシ、お寿司はそんなに得意じゃないんです。そもそもワサビが苦手だし…。でも、ここまで来たらやっぱり新鮮な魚介を食べないとね。スタッフさんはカニとかノドグロなんかを注文してたけど、魚卵派のワタクシは、やっぱりイクラ。しかもサビ抜きで…。

 さすが金沢、イクラも只者じゃない。粒が大きくてみずみずしいの。すいませ〜ん、イクラもう一皿! ワタシがあまりイクラばかり食べるので、スタッフさんは呆れ顔。あっ、イクラだけじゃなくてカニもいただきますよ。香箱蟹って美味しいんでしょ? あら、香箱蟹のお味噌汁もあるんですね。てへへへ…(*^^)v

 ランチが終わっても、ワタクシは相変わらずの買い物地獄。あ〜あ、あれもこれも欲しいけど荷物が入りきらない…。こっちをあきらめるか、あっちをあきらめるか、う〜ん、難しい。だったら全部買っちゃうか…。でも、バスの時間があるからそろそろ駅に行かないと…。駅でもお菓子とか買いたいし…。それにしても金沢って誘惑が多すぎる。

 皆様の予想通り、駅に着いても、バスの出発時間ギリギリまでワタクシの煩悩は消えるどころかますます燃え盛ったのでした。今度来るときは、洋服とかは宅配便で送っちゃって、おみやげ専用のキャリーバッグを用意しないとね。今年中に絶対帰ってくるわよ!待っててね、金沢〜っ(^o^)丿 <次回へ続く>